個人事業主が借入の限度額の上限を上げるには

個人事業主 限度額

自営業者の方がカードローンに申込みをする場合、いくらそのカードローン商品が500万円までを上限の限度額としていても満額借り入れができるわけではないのです。

はじめての申し込みであればなおさらです。

これまでその会社に借り入れ実績がないわけですから、返済をきちんとしてくれる人かどうか判断ができないからです。

また、500万円という枠は正社員向けの限度額なのです。それ以外の雇用形態であればアルバイトやパート、派遣社員、自営業者これより低い額となります。

自営の場合ですと収入が安定しないと見られていることから低く抑えられてしまいます。

それでは、個人事業主が借入の限度の上限を上げる方法は、事業主専用のローンに申込みをすることです。

フリーローンの場合ですと担保不要ですから、どうしても低く抑えられてしまいます。担保提供があれば、信用度はグンと増しますので、カードローンの限度額の上限を上げることができるようになります。

自営業 銀行カードローン

自営業におすすめのカードローンはやはり銀行系
自営業は毎月決まった売り上げがあるとは限らないので、儲けが多い月と、そうでない月との落差が激しい場合があります。

そうでない月に限って、冠婚葬祭や子供の進学などでお金が必要になることがあるので、そんなときはカードローンを利用し、10万円や50万円などのお金を手に入れるようにしてください。

自営業の方におすすめのローン会社はやはり銀行系なので、出来るだけ審査が優しいところを選んで申し込むようにしましょう。

銀行系のカードローンは低金利で利用できますし、信頼性が高いので、長期間利用したいときには非常に向いています。

多額のお金を借りた場合は、短期間では返せないので、長期で借りることになりますが、金利の高い消費者金融を利用していれば、驚くほど多くの利息を支払わなくてはならないでしょう。

しかし銀行系なら最低限の利息の支払いで済むので、自営業の方がこれからカードローンを利用するなら、銀行や信用金庫から借りるようにしてください。